Search App Store

Book
Business
Catalogs
Education
Entertainment
Finance
Food & Drink
Games
Health & Fitness
Lifestyle
Medical
Music
Navigation
News
Photo & Video
Productivity
Reference
Social Networking
Sports
Travel
Utilities
Weather

(iPhone, iPad,
iPod touch,
iPad Mini,
iOS, iPad Air)



子育てハッピーアドバイス 3
by Smallnetwork.Inc


Millon seller book in Japan. Only Japanese.
子育てハッピーアドバイス3 ¥700 100万部を突破している『子育てハッピーアドバイス』の第3弾! これまで、シリーズでは、自己肯定感(自分は大切な存在だという気持ち)は、「甘え」をしっかり受け止めてもらうことで育まれることを示しました。 本書では、もう一つ、自己肯定感を育むために大切な、「子どもの自立心を育てる」ことが、テーマになっています。 「反抗は自立のサイン。イタズラは、自発性が育ってきた証拠」 「子どもが反抗するのは、ちゃんと育ててきた証拠で、喜ぶべきことです」 など、心の成長プロセスを示したうえで、大人は、どうつきあえばよいのかを具体的にアドバイス。 さらに、思春期の対応や、読者から寄せられた「かんしゃく」「人見知り」「ひとりっ子」などの心配事に答えたQ&Aも掲載しています。 目次(抜粋)  ・反抗は自立のサイン。イタズラは、自発性が育ってきた証拠 ・子どもの話を、しっかり聞く。たとえ親にとって都合の悪いことでも、正しいことは、ちゃんと認める ・自分で悩んで、考え、成し遂げて、初めて自信を持つようになります ・子どもが反抗するのは、ちゃんと育ててきた証拠で、喜ぶべきことです ・子どもの揺れにつきあう ・親が肩の力を抜くと、親が楽になります。親が楽になると、子どもも楽になります ・甘えを完全に排除して、私たちは生きていくことができません ・10歳までの甘えは、人格の土台を作るうえで、とても大切 ・わがままな子が、不登校や心身症、拒食症になるのではありません ・疲れを訴える子どもが増えています ・「将来、問題を起こさない子に育てるには、小さいころから厳しくしつけなければならない」という考えは、間違っています ・「子育て支援」は、今や、日本の社会全体の課題になっています (読者からの質問にお答えします) Q 子育てに自信がなく、毎日、つらくなります Q すぐ「かんしゃく」を起こします。どう接すればいいのでしょうか Q 子どもの要求を、どこまで認めてもいいのでしょうか Q ひとりっ子は、何か問題があるのでしょうか Q 子どもが学校へ行かなくなったとき、親は、どうすればいいのでしょうか 公式サイト:http://www.10000nen.com/ 発行:1万年堂出版 ■著者プロフィール 明橋 大二(あけはし・だいじ) 昭和34年、大阪府生まれ。精神科医。京都大学 医学部卒業。 国立京都病院内科、名古屋大学医学部附属病院精神科、愛知県立城山病院をへて、真生会富山病院心療内科部長。 児童相談所嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長。 著書『なぜ生きる』(共著)   『輝ける子』   『思春期にがんばってる子』   『翼ひろげる子』   『この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ』   『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』   『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方』など ※本書は、1万年堂出版発行の『子育てハッピーアドバイス3』(2006年9月)のiPad,iPhoneハイブリッド版です。

Download link

http://itunes.apple.com/app/zi-yutehappiadobaisu-3/id390507248?uo=5&at=10ldfa&ct=stwb




子育てハッピーアドバイス 3 by Smallnetwork.Inc on the App Store (iPhone, iPad, iPod touch, iPad Mini, iOS, iPad Air)